このごろ日記

クイーンの映画

2018年11月11日(日)

11月11日(日)

 

クイーンの映画をみてきましたよ。ボヘミアンラプソディー。分かりやすくて、すっごく面白かった!!4人の俳優さん達は凄い。フレディ役の人なんて本人そのものだったよ。

完璧だった!!DSC_0964

見終わってスカッとする映画ってこのところなかったのでとってもよかったです。

1975年、僕がまだロックバンド「宿屋の飯盛」にいた頃だったと思う。

「キラークイーン」が街に流れていて、ブライアン・メイの間奏のギターの音って一体どうやって出す(イコライジング)んだろうと思ってた。(結局あの時はわかんなかったけどね)

どちらかと言うとクイーンはあの頃、衣装も派手で日本では若干アイドルロック路線のように思われていたかも・・・。

後年、日本でレイジーが出てきた時、おやぁ、このサウンドはクイーンを意識してるのかな??と思ったものでした。

ところでレイジーかっこよかったよ。一緒にステージに立って歌ったことあるよ。

映画は、懐かしい曲が次から次へと流れ、あのころの自分の姿や考え方が蘇りました。

音楽ってやっぱすごい力をもってるんだなぁと実感。

ボヘミアンラプソディー映画の中で「6分を超えるような長い曲はシングルにできない」というところでは、当時同じことをディレクターにそう言われたことを思い出していたよ。

僕のその曲はどうしたかって気になります?

フレディはつっぱねて6分シングルにしたけど(偉い!)、僕は言われた通り素直に半分の長さにしたさ。テハハ。(笑)性格でてるでしょ~。(笑)結局、良い歌になってればいいのさ!

人の意見を出来るだけ(そ、出来るだけ!)取り入れたいって気持ち、今は役立ってると思うんだけど~。(笑)

 

2018年11月2日(金)

11月2日(金)ドーム

 

前日の「おかあさんといっしょ」NHKホール公演ゲネ(もう言う事なしの楽し~い公演だったよ。)見学からの(昨夜はポール・マッカートニー東京ドーム公演を見に行きました。

う~~ん、やっぱり僕の10代のころからの憧れのメロディメーカーなので大感動した。

いろんなことが彼にもありましたが、淡々と過去を振り返りながら(新曲も織り交ぜつつ)歌っていく姿はポップスの長い長い歴史を見るようだった。ビートルズ最初のLove Me Doのレコーディングの時は緊張して声が震えた話とか、ジョージのウクレレでSomethingを練習したこととか。

そうそう、今回のステージ、Eleanor Rigby出だしで失敗(この歌はイントロなしだからね。出だしの打ち込みのカウントがずれたのかな?)して、コーラスを途中で止めたところなんてすごいのを見ちゃった。リハーサルならよくあるけど、本番で曲を途中で止める現場ってそうそう見られないからね。(笑)

ポールも人間なんだって感動してしまった。かえって僕たちは(お客様)は得した気分でした。Eleanor Rigby高校の文化祭で歌ったんだよ。

 

2018年10月29日(月)

10月29日(月)

 

岡山県の勝央町での「みんなのうたコンサート」無事終了。

応援をありがとうございました。

前日には津山に泊まりました。なんとお祭りでした。

わいわ~~い。DSC_0954

そして、あのロックバンド、B’zのボーカルの稲葉さんの故郷なんですって?

街には、今年ふるさと凱旋コンサートの時のポスターが

いっぱい貼られていましたよ。

ふるさとみんなで応援して下さるっていいですよね~。

 

勝央町「みんなのうたコンサート」も素敵なお客様に囲まれ、僕もめぐみさんもとっても楽しかったです。大満足。

マジ!いいまちだった~。勝央町1

帰りの岡山空港では出発まで時間がたっぷり(約2時間半)あって、空港内レストラン等をほとんど網羅したよ。(笑)なんでもきいとくれ。(笑)

2018年10月27日(土)

10月27日(土)

1-L

この頃日記。

今日はこれから岡山県の勝央町へ行きます。みんなのうたコンサートです。

童謡やふるさとの歌をたくさんうたいます。

勿論、僕が作ったおかあさんといっしょの歌もたくさんうたいます。「童謡」って言うとおかあさんといっしょの歌達はなんだか違う感じがするという人もいるかもしれませんが、僕は新しい現代の童謡だと思います。

作品を創る時に、子供たちの姿が映った時、笑顔が想像できた時、大人が歌っても子供の頃に戻れる時、子供の心を忘れない出発はみんな子供だったんだと思うとき、それは胸を張って「童謡」って呼んでいいと思う。

珍しく、岡山には空路で行きます。ダカーポさんとは1週間ぶり。白井貴子さんとは4年ぶり・・・(笑)

この頃日記

2018年10月21日(日)

10月21日(日)

みんなのうたコンサート札幌公演でした。クローズ的なコンサートで、事前にあまり紹介できなくてごめんなさい。札幌の実家にちょっとだけお邪魔。先般の地震で茶の間の花器がほとんど割れちゃったんだって~。(母はお花と茶道の先生をしていたことがある)けっこう大事にしていたものらしく可哀そうでした。でもね、怪我がなく良かったと思うよ。

コンサートはね、僕の地元でもあるってんで、お客様はそらもう盛り上がってくださいました~。嬉しかった!!お天気もばっちり。最高のコンサート日よりでした。父と娘(坂田めぐみ)が二人、故郷北海道で歌うなんて初めてでした。母も喜び、良い親孝行ができたのかも・・・。

ユカイさんやダカーポさんもマジ、一緒にいると本当に心がウキウキするよ。

image1みんなコン札幌

この頃日記10月4日(木)

2018年10月4日(木)

10月4日(木)この頃日記

 

10月に入りました。BeautyPlus_20180901181045_save

 

自然の脅威についてはもう散々。地震・台風・洪水・etc

もうこれ以上僕たちにどうしろと?!って言う感じかしらん。

(あ、けしてふざけていませんからね!)

ただ、ただ、言えるのはここから逃げることなく、僕らは粛々と前に進みます。

そうしましょう!!

ね、そうしましょう!!

 

おかあさんといっしょ9月のうた「やさしいうた」はお陰様で

多くの皆様から、「良い歌ですね」とお褒めの言葉をいただきました。本当に本当に嬉しかったです。

作れてよかったとしみじみと思いました。

本当に心より感謝申し上げます。

このところの作品からみて、坂田らしくない?バラードっぽい歌でしたので多少、地味めだったかもしれませんが、僕のありったけの思いを込めて作った作品でした。

長く歌いつがれていきますようにと心から願っています。

ところで、そうそう、先週の台風24号が来た時、千葉の松戸からの帰り(ガラピコぷ~公演2日目)、夜は都内JR等すべての電車が止まるという情報でスタッフさん達がどんなルートだったら帰宅できるかとあれこれとシュミレーションする様は、正にパニック映画でよくある避難ルートを必死に模索する防衛会議の様相を呈しておりました。(笑)

あ、おさちゃんですかい?

いや、公演終了後、普通に新松戸から常磐線(千代田線乗り入れ)に乗り帰宅しましたが・・・何か?(笑)

写真はこのところ凝ってる100円一人バスの写真だよ。(一人贅沢でスマンです)あ、でも僕が乗らなかったら、このバスは渋谷駅まで途中止まらず空(カラ)で行くんだよ~~~~。

 

 

 

 

 

 

あれから2週間

2018年9月20日(木)

9月20日(木)IMG_1309(1)

北海道の地震から、2週間。

実際に自分の家族(御蔭様で札幌一人暮らしの母は無事でした)が被災して初めて実感することがあります。

今年、多くの災害が起こりました。

そのたびにいつも、ああ、お気の毒に!早く復興を!何とかしなければ!

そう思い、自分に何か出来ることはないのだろうか?!と、そう思いました。

でも、そのたびに自分の無力さを思い、何か、虚無的になったりもします。

僕の義援金じゃ足しになるのかな?とか、ボランティア活動はしたいけど、たとえ行っても見た目より?坂田は年くってるし役に立たねえだろ(笑)とか・・・。

僕らは神様じゃないから、ずっとそのことだけを考えてばかりはいられない現実。

 

大好きだった父が亡くなるとき、遠くはなれていた東京ですぐに会いに行きたかったけど、次の日が新宿厚生年金ホール(もう今はないですね)の公演でした。

公演はしっかり頑張ったけれど、2回公演の合間、楽屋でお昼のお弁当を食べた時でした。

「そうか、親が亡くなる時もお腹がすくんだな・・・」そう思った時、なんだかとてもくやしくて、悲しくていきなり涙が溢れてきました。

あの日のお弁当がとっても塩っぱかったことを覚えてます。

葬儀ではほとんど泣きませんでした。(少し泣いたけどさ)

 

今ならなんとなくわかります。

あのショッパイ弁当を食べながら思ったことは、人はどんな時も人の営みをしながら自然に生きていくんだよ。

精一杯にそうすることが良いことなんだと。

 

自分の出来る範囲。

そう、良い言葉じゃないですか!

 

来月クローズ的な仕事ですが、坂田おさむ・めぐみ札幌公演に行きます。

い~っぱい北海道の美味しいものをたらふく、これでもか!って食べて(笑)北海道を応援するんだ!!←土産もど~んと買えよっ!!ハイハイ。 皆様もど~~んと道産品を食べて下さいませ~。そして、北海道観光をどうぞよろしくね~~~。楽しいよぉ~。

 

この頃日記9月11日(火)

2018年9月11日(火)

9月11日(火)

おかあさんといっしょ9月のうた『やさしいうた』を作りました。ゆういちろうおにいさん、あつこおねえさんが歌ってくれています。アニメーションもと~っても可愛いです。是非、聴いてみて下さいね。そして、応援してあげて下さいね。

 

ところで作家ネームが「坂田修一」ってなってるけどどうして?って、よく言われます・・。(●´ω`●)写真

 

ざっと言いますと・・・。

 

「坂田修」名は1977年ソロデビューから1999年くらいまでの作品。

「坂田おさむ」名はそれから2016年くらいまでの作品。

「坂田修一」名は昨年から使っています。

(ま、同時代で名前がかぶっていたりもしていますが。だいたいです。汗。)

 

おかあさんといっしょの番組現役のお兄さんの頃は、それまでシンガーソングライターとして作品を作っていた「坂田修」をそのまま使っていました。

だから、あの頃、番組を見てくださっていた方は、坂田おさむと同じ苗字の別人「坂田修」が作家にもいるんだろうという感じだったでしょうか。

番組卒業後もしばらくはそうして楽曲を提供させていただいていたのですが、ある時、5歳くらいのお子さんから僕のコンサートが終わってから話しかけられました。

「おさむおにいさんはうたをつくらないの?」って言われました。(笑)

「いや、けっこう作ってるよ(笑)。今日歌ったのは全部だよ・・」という会話をしたことがあります。

 

そうか、「坂田おさむ」と「坂田修」は文字でクロスしてないからかぁ・・・と考えました。

じゃあ、「坂田おさむ」として作るのがあってもいいよねというわけで、それからは「坂田おさむ」名にしました。ただ、契約もあって、同時期に両方使われた時期はありますけどね。

 

昨年、作詞・作曲を出し始めて(およそ)40年経ちました。

1977年ソロデビューする時、将来「修一」を使うときがくるかなぁってぼんやり思ったこともあるんですよ。(笑)

本名の「坂田榮一」と「修」とを合わせてあげようと思いました。

そんなわけで、心機一転(笑)でもないけれど、これからは「坂田修一」名で作ろうと思っています。よみかた? 「しゅういち」と言いたいところですが

「おさむ」と読んでやって下さいませ。←これが混乱の元だね。(笑)

いや、ホントにこのまま「おさむ」と読んでやって下さいませ。

 

まあ、こういう話は、興味のない人にとっては、まったくつまんない話でごめんなさいね。

 

大変大変失礼いたしましたあああ~~~~。(汗)

 

P・S (こぼれ話)

北海道の地震で停電となり、充電残量がゼロになり使用不可になった母のスマホ、やっと通電し、さて充電を始めると一見して真っ黒い画面だけが映りました。あせった母は、「地震でスマホも完全に壊れた。恐ろしいことです」と、どうやら近所で大騒ぎをしたらしい。(スイッチを長押しすれば元に戻るんだよおおお~~)(笑)

 

 

2018年9月10日(月)

9月10日(月)

横須賀・市原とガラピコ公演を終えました。本当にたくさんのみなさんとお会いできてうれしかったです。ありがとうございました!!

札幌の母(東区)は停電も回復して、割れたガラスなぞを少しずつ片付けているそうです。電気がないと何もできないということが骨身にしみたとメールしてきました。厚真町は昔、亡くなった父と行ったことがある場所らしく、本当に気の毒でしかたがないと言っていました。合掌。

2018年9月6日(木)

9月6日(木)

北海道の地震、一人暮らしの母の無事(札幌東区)は確認できました。ご心配をいただきありがとうございました。

大きな余震もまだまだあるようですし、とにかく道内の人たちの安全が保たれますようにと切に祈っているところです。北海道全域の停電がかなり長引きそうでライフライン等心配しています。(頑張れっ!北電!)遠いところなので今は出来ることがほとんどなく落ち着かないです。・・・頑張って道産子!!!

PAGETOP