このごろ日記

2018年7月7日(土)

7月7日(土)

content_photo1

綺麗な橋でしょう。旭橋と言います。故郷北海道旭川にあります。(写真は旭川市のHPから)

ところが先日の大雨でこの橋に濁流が流れてあわや!というニュースを見ました。

で、急に思い出したんだ。

子どもの頃、僕の住んでいた村はここからもっともっと遠い田舎でしたから、この橋は町の文化の象徴で、この橋をみると、大げさではなく「ああ、都会にやって来たんだなぁ」と胸が躍ったものでした。

この橋のすぐ近くに会館があって、中学生の時にエレキ合戦に出場した時、出番前に河原でバンドのみんなと優勝祈願に石狩川に向かって石投げなんかしたっけ・・・。

結果?演奏技術は大人なんてマジ、目じゃなかったんだけど審査員特別賞だったと思う。曲はランチャーズのブラック・サンド・ビーチだったかな。

(だってそのころ、中学生は出ちゃいけなかったからね。審査員の人が学生服を着て懸命に演奏した僕らに申し訳なく思って特別にくれたんだと思うよ~)

今、九州や四国、関西方面が大雨で酷い被害を被っています。

濁流が流れてる光景は心が痛いです。

被害がこれ以上広がらないでほしい!!

2018年7月2日(月)

7月2日(月)

今日の正午で2018年の半分過ぎたんですって~。へ~~~え。

さて、昨日の川口リリアでのみんなのうたコンサート

これは丁度、ステージの半分が終わって第2部までの休憩に入る時の写真ですね。素晴らしいアーチストのみなさんとご一緒できて感謝です。

ダ・カーポさんとは久々の共演でした。僕がバンド「宿屋の飯盛」でデビューした頃、同じレコード会社「コロムビア」で一足先にデビューされてました。どんだけ歴史が・・・・。そして、あの頃はダ・カーポさんのお二人はまだ結婚されていませんでした。あの頃のグループで今も大いに活躍されているのは正にダ・カーポさんだけなのでは???マジにグレートすぎる!!尊敬。

川口リリアみんな

2018年7月1日(日)

IMG_7091

7月1日(日)

群馬太田のガラピコぷ~公演応援ありがとうございました。

公演終了後、白鳥の湖を3人で踊りました。(笑)

3人とも思いっきり私服であります。(笑)

今日は川口リリアでみんなのうたコンサート。頑張ります。

2018年6月29日(金)

DgcNFziUwAEVEgn

6月29日(金)

これから、群馬県太田市ガラピコぷ~へ。

そんでもって、梅雨明け発表ですって。あれま、まだ6月だよね。

先週の青森から始まった新しいバージョン「ガラピコぷ~2018年」リニューアルされて、みなさんのところへ。超優秀なスタッフさん勢揃い。(綺麗写真はまゆさんからいただきました~)

さて、昨日の夜(今日とも言えるけど)のサッカーは負けましたが、実を取る作戦。僕はサッカーフリークでもないけれど、いろんな人がいろいろ言うけれど、大きな夢を掴むために必要とした事(不正でもなんでもない)なら何の躊躇がいりましょうぞ。

2018年6月11日(月)

6月11日(月)

渋谷の桜が丘あたりにあるプラネタリウム?らしいよ。

アイスクリームみたいでしょ。このビル好きなんです。

いつもここを通るたびにあの丸~い球形をみるとなんだか嬉しくなるんですよ。(笑)

今週末はみんなのうたコンサートで福島白河へ行きます。

久々の福島です。楽しみだなぁ。DSC_0785

6月8日(金)

2018年6月8日(金)

6月8日(金)

017969_li

うちは、俗に、世間で言うところの、個人商店みたいなところ。(従業員をいっぱい抱えているわけでもありましぇ~~ん・・・)

ぶっちゃけ、世間や世界に何かアクションを起こすと言っても、大きなアーチスト事務所のように、たくさんの社員で一気にソレ~~っと組織だったことをするのはとうてい無理であります。

結局、まぁ、個人のアイデアとか、お知り合いのお知恵をかりるとか、そういうところから地道に出発ですわん。(ま、シガラミなくて結構清々しいとも言えるかな)←シガラミなさすぎかもぉ~・・・。(笑)。

そんなわけ(?)で、このところ僕の周りでは着々と新しい物や、新しい企画に進んで取り組んでいるようなのです。

いえいえ、古い携帯をiPhoneにしたり、地味にYouTubeに投稿したり、Twitterを始めてみたり、と、まあ地味っちゃ地味この上なしなんですが、少しでもみなさんに僕らの活動を知ってもらおうと言うことなのですね。

でもね、どんな形であれ、僕らがやっているオリジナルな音楽や活動を皆さんに知ってもらうとする努力は、正直、絶対に必要だと思います!!頑張れ!!頑張れ!!僕も頑張りますね!!

 

そう言えば、北海道の一人暮らしの母から「母さん今度スマホにしたからさ」とメールが来た。うわぁぁぁぁぁぁぁ。(汗)

来年米寿(88歳)だぞぃ。

大丈夫かぁ?(笑)

でも、メール来たってことは使いこなしてるってことかい?

 

 

 

 

6月7日(木)

2018年6月7日(木)

 

6月7日(木)

梅雨の晴れ間?って言っても、昨日から梅雨だって言ってたのにぃ。

いきなりこんなに晴れて(東京)いいのでしょうか?(笑)

000533_li

めぐみさんが、なんと昨日からツイッターを始めたらしい。

早々にフォローしてくださる人がいらっしゃるとのこと・・・。

そりゃあ嬉しいでしょう。ありがたいですね。

よかったね。

よかったよかった。喝采。

 

僕はツイッターやFacebookを止めてもう、1年以上たちますね~。

う~~ん、ツイッターは復活しようかなぁ。

トランプさんもやってることだしぃ。(笑)

 

週末は武蔵村山にてガラピコイベントがあります。頑張ります!

でも、雨だったら、来てくださる皆さんが大変。

今日のように快晴とまでは行かなくてもいいから、是非、雨はふらないでほしいな~~~!!

6月6日この頃日記

2018年6月6日(水)

6月6日(水)

 

もう、「この頃日記」なんてやってないんでしょ?!

・・・って、言われそう。

すすすすまんです!(汗)(涙)

なんだかSNS疲れ(言ってるだけかも?)もええ加減にしなさいね。

というわけで、近況をお知らせさせてね。

僕は毎日元気にやってますよ。

ただ、以前と比べて、全てがゆっくりしてます。

完全に「ゆっくりあるいて・・・」状態で~~す。

いろいろと日々焦ったりはしますが、その状態が長くは続かず(笑)

「ま、それもよかろうぞ」と、認めてあげる気持ちが順調に芽生えてきました。完全に年の功では。ガハハ。

このところ、YouTubeでは、50年~60年代ポップス懐かし映像などを探しては自分のルーツの再確認をしております。子供の頃に聴いたビートルズ以前の音楽(洋楽・邦楽問わず)にも大いに敬意を表しています。

ぼくはないちっち、よこむいてないちっち、寂しい夜はいや~~だよ。ちーたかたったちーたかたった笛の音があああ。←メロも歌詞もすごい名作だと思いま~す。

 

無題

「それね、ヨモギでないよ」

2018年4月12日(木)

4月12日(木)

 

この頃日記ぽくないけど、子供の頃の春の思い出を私小説風に・・・。(笑)

 

af0e909805a0d9187b9beaebe853784a_t

子供の頃の春にはヨモギのお餅をいっぱい食べた思い出があります。

北海道上川郡字旭正。

隣村に住む母方のキクおばあちゃんが毎年こさえて、持ってきてくれるのでした。

大雪山のふもとに近い僕の村もさすがに5月ともなると、春満開。

道端には野草やタンポポがいっぱい咲いてます。

キクおばあちゃんが帰る日、途中まで送って行くと言う僕と手をつなぎ、道端の草を指さして「これがヨモギさ、お餅にまぜるとおいしいんじゃ」と教えてくれたものでした。

 

自転車に乗れるようになった頃でした。

さんざん遊んだ帰りでした。砂ぼこりを上げる乾いた田舎道の端っこに光るような緑色の草の群生を見つけました。

普段なら見過ごす僕が、「なんだろ」と思うくらい、それは立派な深い緑色の小さな低いテーブルのようでした。

「ヨモギだ!」

いつかキクおばあちゃんが教えてくれたヨモギに違いない。

このところ自転車で遊び呆けてばかり。母に怒られてばかりの僕は考えた。

父さんが町で飲んだ帰り折詰のお土産を持って帰ってきた時、母さんが「しゃあないわ。今日はこのお土産で勘弁しましょ」と言いながら、ククッと笑ったのを思い出したのだ。

僕も父さんみたいにお土産を持って帰ろう!!きっとククッと笑ってくれるに違いない。

自転車の前カゴに、あふれるくらい摘んだヨモギと一緒に得意げに家にもどりました。

「かあさん!お土産さ!ヨモギさ!ほらほらヨモギ!」

母は、奥で何か繕いをしていたようで生返事でしたが「ああそうかい。もうヨモギ餅の季節だもね」と言いながら、ちょっと面倒くさそうに玄関に出てきました。

そして自転車の前カゴに積まれた草を不思議そうに見た後、ゆっくり僕を見て言いました。「それね、ヨモギでないよ。似てるけどね食べられない草さ。そんなにいっぱいどこで見つけたの」

あまりのことに、ポカンとしていると「しゃあないしょ。食べれんから。早く捨ててきなね」といいながら何事もなかったように母は奥に引っ込んでいきました。

 

それから何十年もたった春のことでした。

僕が東京で一人暮らしを決めた頃でした。母がヨモギ餅を作ってくれました。

「覚えてるかい。あの時のヨモギ、使えんかったけどさ、母さん嬉しかったよ」と笑いながら母が言った時、時間を超え、いきなりあの緑色の偽のヨモギ草を夢中で摘んだ時にかいだ青い匂いが一瞬でよみがえりました。

そして鼻がツンとしたのでした。

瀬戸さんが亡くなるなんて・・・。

2018年3月4日(日)

3月4日(日)

 

ご存知の方も多いかと思います。

おかあさんといっしょ元体操のお兄さん瀬戸口清文さんが亡くなられました。

番組では1985年~1987年の2年間大変お世話になりました。

幼児番組の基礎を手取り足取り丁寧に教えていただきました。

僕のファミリーコンサートの基本はほとんど、セトさんから教えていただいと言っても過言ではありません。

番組2年目の時でした、僕が渋谷の野外ステージで足を骨折したときには、地方収録用の荷物をずっと持ってくださったり、番組最後の体操の後の、さよならマーチの行進ができない僕を画面からかばうように隠してくださったり・・・。本当に心の優しい人でした。

思い出はつきません。

昨年お見舞いに伺わせていただいた時には、病室のベッドで新しい体操ソングの歌詞ノートを見せて下さり「おさむちゃん!こんどはこんな感じの子供達向けの遊び歌を考えているんだよ」と目をキラキラさせておっしゃっていたのに・・・。

 

「子供の目線を大切に」

セトさん!

セトさんがいつもそうおっしゃっていた事、忘れないように、頑張っていこうと思っています・・・。

合掌。

 

PAGETOP